はじめまして。助産師の中田芙由紀(なかたふゆき)です。

私は、奈良で産ま育った生粋のならっ子です。

助産師でもありますが、上は小学生から下は乳児さんまで5人の子どものお母さんでもあります(^^)絶賛子育て大奮闘のど真ん中を全力で突っ走っています!

そんな私も色んな人に支えてもらい、助けてもらいながら子育てをしてきました。

そして子育てする中で感じたことがたくさんありました。例えば、

子育ては自分のペースでできるものではない。

子どもはとってもかわいいけど、辛くなるときもある。

子どもが増えるにつれ物理的に手が足りない。体力はいくらあっても足りない。

時代は変わり、「みんなで子どもを育てる」から「家庭で子どもを育てる」に変わってきつつあります。しかし子育てはお母さんだけではできません。いろんな人の「目」や「手」があるべきです。

私もその「目」や「手」のひとつになりたいと思い地域の助産師になることを決めました。困っている人がいれば飛んで行ってお手伝いをする、そんな身近な助産師でありたいと思っています。

子は「宝」であり「未来」です。その子どもを育てている皆さんもまた尊い存在です。すべての子どもたちが笑顔でいられるように。そのためには子育てをしてる皆さんが安心して子育てができるように。

まだまだ未熟な私ですが、みなさんの子育てが孤育てにならぬようお手伝いさせてください。

2024.3 中田芙由紀